Home » Babel Overcome – political science & philosophy, global best practices and foresight » まさかのグルテンフリー楽園、イタリアの美味しい旅
まさかのグルテンフリー楽園、イタリアの美味しい旅
Stuart Spivack 2.0 Generic (CC BY-SA 2.0)

まさかのグルテンフリー楽園、イタリアの美味しい旅

イースターの1週間前の昨日は、棕櫚の主日と呼ばれる、キリストがエルサレムに入城した事を記念する日でした。そして、1週間後の2014年4月20日のイースターを迎えて、ようやく春の到来となります。そのイースター前後から初夏にかけてが、イタリア観光のベストシーズンです。

海外旅行と言えば、歴史的建造物やミュージアムなどの観光、お土産やショッピングと共に、とても重要なポイントとなるのが、現地の食べ物です。

イタリア料理と言えば、まず一番にトマトソースにチーズのたっぷりかかったパスタやピッツアが思い浮かびます。そして、朝食にかかせないクロワッサンやジェラート、ティラミス等の甘い物とエスプレッソ。広場に面するバールでゆっくりと食べられたら素敵だなと思う反面、そういえば食べられない物ばかりだから、行き先を変更しようかなと思っている方も中にはいるのではないでしょうか?

そう、イタリア料理は小麦粉を使用した食べ物のオンパレード。それに上乗せして乳製品三昧。ここ数年、良く耳にするようになったグルテン過敏症や、乳糖アレルギーなどの方が食べられないものばかりです。もしかしたら、アレルギーではないけれど、ハリウッドで流行っているから、グルテンフリーダイエットを実践中という方もいるかもしれません。さらに、英語があまり通じない国ときています。この時点で、これらの問題を抱える方々は、イタリアは旅行先として論外だな、と思っているかもしれません。

ですが、ちょっと待ってください。

イタリアは、実はアンチ食物アレルギー天国なのです。

これらのアレルギーや過敏症は日本よりも一般的で、田舎のスーパーでもグルテンフリーの食品や、限りなく乳糖を除去したバターやチーズなどが販売されています。

そして、食べる事が大好きなイタリア人達ですから、グルテン過敏症でもピッツアを食べたい、乳糖不耐症でも ケーキを食べたい!などの欲求が募ります。それに答えるがごとく、沢山のレストランがヴィーガンメニューやグルテンフリーメニューを展開しているのです。日本にも出店している有名ジェラート店のグロムも、従来のメニューの幾つかをグルテンフリーバージョンにマイナーチェンジしている上に、乳糖フリーのジェラートも用意しています。

それでも、言葉に不安があるし、セリアック症だから、万が一小麦粉が入っていたりしたら困るなという方に朗報です。セリアック・トラベル・ドットコムと言うサイトで、グルテン不耐の問題があり、グルテンフリーの食べ物を希望する旨を伝えるカードが、なんと54カ国語にてダウンロードできます。前もって予約時に伝えておけば、通常グルテンフリーメニューを用意していないレストランにおいても、なにかしらの策を練ってくれることが多いです。飛び込みでも、このカードを提示する事で、レストラン側もグルテンの問題がある事を理解してくれるでしょう。

このカードを携帯して、少しの不安はなくなったけれど、食べられるものがあるかどうか、後で具合が悪くならないかという不安を抱えながらの旅行は、のんびりと楽しめません。

そこで、幾つか、グルテンフリーメニューを持つレストランをご紹介します。予約時にグルテンフリーを希望する旨を、必ずお伝えください。

これで、皆さんもゆっくりとゴンドラに揺れたり 、ミュージアムでの美術鑑賞など、イタリアならではの時間を楽しめると良いですね。

*ローマ

Ad Hoc

Via Ripetta 43, 00186 Roma

+39 06 323 3040

La Soffitta Renovatio

Piazza del Risorgimento 46/A, 00192 Roma

+39 06 688 92977

Larys

Via Basento 54, Roma

+39 06 853 05130

*フィレンツェ

Cammillo Trattoria

57R Borgo San Jacopo, 50125 Firenze

+39 055 212 427

Ristorante Fellini

Via Ghibellina, 134/R, 50122 Firenze, Italy

+39 055 247 8898

Ristorante Giannino in San Lorenzo

Via borgo san lorenzo 33/35r, 50123 Firenze

+39 055 239 9799

*ヴェネチア

A Beccafico

San Marco 2801 | Campo Francesco Morosini / Santo Stefano, 30124 Venezia

+39 041 527 4879

A La Vecia Cavana

Rio Tera | SS. Apostoli 4624, 4624 Venezia

+39 041 523 8644

Trattoria Da Ignazio

San Polo 2749 | Calle dei Saoneri, 30125 Venezia

+39 041 523 48 52

*ミラノ

La Rosa dei Venti 

Via Piero della Francesca, 34, 20154 Milano (Magenta)

+39 02 347 338

Osteria dei 5 sensi

Via Cicco Simonetta, 17, pressi Darsena, 20123 Milano (Centro storico)

+39 02 5810 2650

Ristorante BioSapori Regionali

Via Lattuada 2, 20135 Milano (Centro Storico)

+39 02 896 96028

<グルテンフリーメニューが有るレストランリストはチェリアキアイタリア.コムより観光地付近のレストランを抜粋>

*乳糖フリーメニューがあるレストラン

Byron Ristorante Pizzeria

Via Palma il Vecchio 33, 24122 Bergamo (ベルガモ)

+39 035 233 477

Pizzeria Madison di Paduano Claudio

Via Isaia Gabola, 39, Nocera Inferiore, Salerno 84014(サレルノ)

+39 081 515 3622

Ristorante Pizzeria Be Bop

Viale Col di Lana, 4 – Milano
(ミラノ)

+39 02 837 6972

その他イタリアの各街のグルテンフリーレストラン情報は、イタリア全土のセリアック症に関する情報を発信しているサイト、チェリアキアイタリア.コム(←ここをクリックすると直接、イタリア全土のグルテンフリーレストランリストページに飛びます)をご参照下さい。

Celiachiaitalia.com

グルテンフリーレストランカードのダウンロードは セリアックトラベル(←ここをクリックすると直接、イタリア語版レストランカードダウンロードページに飛びます)より行えます。

Celiac Travel

About Yayoi Nakanishi

Laurea in disegno tessile. In Giappone ha lavorato come stilista, ha studiato web design e si è occupata di e-commerce. Nel 2008 si è trasferita in Italia. dove applica le sue competenze nei settori del commercio, della grafica e delle traduzioni. 東京造形大学 造形学部 テキスタイルデザイン専攻卒。 某シューズメーカーにてメンズ、レディースの企画デザイン全般を担当後、ウェブデザインを学びEコマースに携わる。2008年渡伊。アパレル、シューズ販売に携わる傍ら、ロゴ、フライヤー製作等のグラフィックデザイン、翻訳などを行っている。FuturAbles.comのイタリア語から日本語への翻訳、モード&デザインに関する記事の執筆、グラフィックデザイン全般を担当。

Leave a Reply - Cosa ne pensa?

%d bloggers like this: