Home » Babel Overcome – political science & philosophy, global best practices and foresight » Karen Jessen x ESPRIT モードとエシカルの融合
Karen Jessen x ESPRIT モードとエシカルの融合
Source: http://blog.benu-berlin.com/

Karen Jessen x ESPRIT モードとエシカルの融合

去る2014年 1月 15日、香港にてアジア最大級のエシカルファッションコンペティッション  : The EcoChic Design Awardが開催されました。

ファッションNGO Redress主催の同アワードは、継続可能なゼロウェイスト(アパレル製造過程での資源の無駄を最小限にすること)をテーマとしています。アパレル産業は、環境汚染を最も増進させている産業のひとつであり、世界中の年間繊維廃棄物は20万トン以上と推測されています。最終審査に残ったインターナショナルな8人の若手デザイナー達は、数ヶ月に及び、アパレル産業に起因する社会的問題点や、ゴミ0、アップサイクリング、衣服の再構築等に対する理論、及びテクニックを学び、最終のコレクション審査へと挑みました。

第4回に当たる今年のグランプリは、ドイツ出身のデザイナーKaren Jessen氏です。彼女は2012年に、エスモードベルリンを卒業。同年、Graduate Fashion week award(イギリス) にて’Benu-Berlin’コレクションを発表し、インターナショナル部門賞を受賞。Re-act fashion  2012(ポーランド)において、グランプリを受賞の他、数々のファッションコンペティッションを勝ち抜いている注目デザイナーです。エスモード在学当時より、紐状に切り裂かれたカラフルな生地を再構築して、立体的な洋服に仕立てていく、革新的なテクニックを特徴とした作品を制作しています。

Jessen氏のインスピレーション源は、彼女自身が実際に住み、好きであるベルリンの街であり、彼女を取り巻く人々や、そこで目にするストリートアート、フライポスティング等から新しいアートワークの発想を得ています。 そして、素材にはTシャツ、ジーンズのような最も一般的なストリートウェアの生地やソファの革等を使用しており、’Benu-Berlin‘のサイトからは、それぞれの作品が、どのようなマテリアルを使用して出来上がっているのかを知ることができます。

ファストファッションによる生産過多な衣料を再構築することで、新たに息吹を吹き込み、そしてモードという観点からもそれらをよりハイクオリティーなものへと昇華させている彼女の作品。今回の受賞作においても、この手法を駆使して、ストリート×クチュール×エシカルの要素をミックスさせ、まさに今を感じさせる女性像を表現しています。

彼女は今回の受賞をうけて、現在香港に本社を置くアメリカ生まれの世界的ファッションブランド:Espritの2014年リサイクルコレクションをデザインすることになるそうです。Espritのカリフォルニア的なハートフルでカジュアルな洋服に、彼女の世界観がどのようにミックスされていくのか、2014 年夏に発表される予定のコレクションが今から楽しみです。

Karen Jessen氏のブランド ’Benu-Berlin’ http://www.benu-berlin.com/

The eco chic design award  http://www.ecochicdesignaward.com/

Redress Limited http://redress.com.hk/

Esprit Holding Limited www.esprit.com

About Yayoi Nakanishi

Laurea in disegno tessile. In Giappone ha lavorato come stilista, ha studiato web design e si è occupata di e-commerce. Nel 2008 si è trasferita in Italia. dove applica le sue competenze nei settori del commercio, della grafica e delle traduzioni. 東京造形大学 造形学部 テキスタイルデザイン専攻卒。 某シューズメーカーにてメンズ、レディースの企画デザイン全般を担当後、ウェブデザインを学びEコマースに携わる。2008年渡伊。アパレル、シューズ販売に携わる傍ら、ロゴ、フライヤー製作等のグラフィックデザイン、翻訳などを行っている。FuturAbles.comのイタリア語から日本語への翻訳、モード&デザインに関する記事の執筆、グラフィックデザイン全般を担当。

Leave a Reply - Cosa ne pensa?

%d bloggers like this: